高額キャンピングカーの流れに挑戦状

2021年カムロードがモデルチェンジし、安全装備などが充実されました。ユーザーにとっては、とてもありがたいところですが、一方で購入金額も跳ね上がり、「手が出にくくなった」との声も聞かれます。十数年前までは、500万円台で購入できたキャンピングカーですが、今や1000万円台もちらほら。
キャブコンのみならずキャンピングカーの高機能化、高額化の流れの中で、「多くの方に手軽に乗り出してもらいたい」と、キャンパー厚木では、機能を押さえた低価格なキャンピングカーの販売を開始します。
今や標準装備が当たり前となった機能を取捨選択できるようにし、金額を抑えての販売です。期間限定ですので、この機会にぜひお求めください。

税抜500万円台を復活

価格は 599,9800円(税抜)。機能こそ抑えていますが、2020年にPuppy480を発表した当時と同じように税抜500万円台を目指しました。

10月31日までの期間限定

低価格での提供ですが、物流コストやパーツの仕入れ価格が高騰する中での発売となりますので、2022年10月31日までの期間限定となります。

装備の詳細

装備の詳細は次のとおりです。

装備・仕様Puppy 480 – LightPuppy 480
乗車定員(就寝定員)7名(4名)9名(4名)
130Aオルタネーター
燃料ガソリンガソリン、軽油
駆動2WDガソリン2WD、軽油4WD
燃料タンク80Lガソリン80L、軽油60L
電動格納ドアミラー×
リア強化サスペンション×
リアスタビライザー×
助手席エアバック×
サブバッテリー100Ah×1100Ah×3
昇圧走行充電
1500Wインバーター
122Wインバーター×
調光調色シーリングライト×
家庭用エアコン◯(走行充電、外部電源で利用可能)
FF燃焼ヒーター
冷蔵庫×◯(65L)
ルーフベンチレーター
バックカメラ・モニター
AC充電器×
バンクベッドラダー×

※その他、Puppy 480にあってPuppy 480-Light で標準装備になくなったもの トランク照明、ボディラインテープ、サイドソファー、マルチルームウインドウ